小さな成功体験?


今回は、夢を叶えるお話をしますね♪

”夢”と聞くと、人それぞれ捉え方は違いますよね。
寝てみるものであったり、壮大なイメージをしていたり、叶えるものとしている人もいます。

僕は色んな世代の方と話すことが多いのですが、この間ひょんな話から、「夢ってある?」 となりました。
その場にいたのは、20代女性、40代女性、50代男性、そして30代の僕。

改めて感じたのは、みんなそれぞれ夢に対する ”ハードル” の高さが違うことでした。
20代女性Mちゃんは、
「夢〜?? 特にやりたいこともないし、そんなこと考えたことない...夢なんか叶わないよ」 と少し冷めた感じ。

40代女性Nさん
「私はー、子供と一緒に働くこと♪」

50代男性Tさん
「昨日見た夢は仕事してる夢だった笑」

みんな思い思いの捉え方で、意見も様々です。ネガティブだったりポジティブだったり。
これは、環境や関わる人、性格などで捉え方も変わりますよね

そう思うと、僕が捉える夢ってハードル低いな〜w 高さ30cm♪

例えば、「今週はカレーを食べる...」とか。
それが、今週予定が詰め詰めになってしまい、カレーを食べる機会を逃すと、
また来週に繰り越し。 そうこうしているとカレーが食べたい気分では無いかもしれないので、その夢はまたの機会にw

とにかく、すぐに叶っちゃうんです笑
一番大きいカナ〜という夢は、"月に行くこと!"
急にスケールが大きいでしょ?w

この、夢に対するハードルを低く持つと言う考え方、昔からではありませんでした。
10代の頃は、壮大な事ばかり思っていました。
しかし、20歳になったときに事業で大きな成果を上げている方から、
「小さな成功体験をすると、いつの間にか大きな夢も叶って、まださらに上を通り越すよ。」
と教えられたことがありました。

”小さな成功体験?” ん!? ナンジャソラ??

当時は良くわからなかったのですが、今は分かります。
と言うもの、20歳の時に思い付くだけ夢を紙に書き出したことがあり、今思い返すと叶えた夢ばかりなんです。
憧れの車に乗る、バリ島の最高級のヴィラに泊まってあの有名なバーでお酒を浴びる、植物に囲まれて住む、ハワイで存分に買い物をする...などなどまだまだあります。(欲がすごいですw)

これは不思議なモノで、夢なんて叶いっこない!とハードルが高いと、そう言う現実ばかり目に付き、チャンスに気付かないんですよ。
叶いっこないと言うことを無意識くんが願っているんですよ!

えーーーーーー!?そんなことないよーーーー!と目からうろこ。

小さな夢を持ち、「なーんだ、夢って簡単なモノじゃん!」
と経験することで、明らかに見える景色に変化が起こります。

なんだかワクワクしてきたでしょ?
夢ってワクワクするものなんですよ♪ そのワクワクが、成功体験を加速させます。

みなさんはどんな未来を描きますか?
どうせなら、ワクワクと愛に溢れた夢で、人生楽しく生きたいですね(^ ^)

ではまた!
see you again!!!




Copyright © 好奇心と生きる All Rights Reserved.